あなたが今、ハマっている趣味は何ですか!?

元気の秘訣は、健康的で充実した生活をおくること!

健康と生活について!普段の生活を見直して、体に優しい生活を!

趣味の必要性

趣味は、人間が生きていくのに必ずしも必要なものではないかもしれませんけど、趣味があるのとないのとでは、人生における楽しみ方がだいぶ異なります。

趣味には、純粋に楽しむ以外に副次的な効果があります。その趣味を続けることで知識が増えて話題が広がり、人とのコミュニケーションに役立ちます。

スポーツが趣味であれば、身体が鍛えられて健康になりますし、趣味が仕事やサイドビジネスにつながる場合もあるでしょう。

いかに楽しく人生を過ごすかについて考えたときに、趣味を持つことはとても重要です。

道ばたの石ころを集めるのだって、本人がそれを楽しいと思うことができれば立派な趣味です。飲んだ空き缶で家を建てる人もいます。

他人から見れば理解しがたい趣味であったとしても、本人が趣味だと言えば、それはまぎれもなく趣味なのではないでしょうか!?

多趣味な人

多趣味な人とは、好奇心が旺盛で何にでも興味を持つような人です。あれもこれもとやりたくなって、どんどん趣味が増えていきます。

なかには、あれもこれもと手を出して中途半端になってしまう人もいるようですが、フットワークが軽いのも特徴です。

ただ、多趣味な人はお金もかかります。趣味を広げるには、初期費用が必要になりますから。お金をかけずにやれる趣味は限られています。多趣味な人は趣味に入れ込む傾向があるため、それなりに稼ぐ人でないと維持していけない場合もあるでしょう。

それと、多趣味な人は多忙ですから、健康には気をつけてください。夢中になると飲まず、食わず……みたいな人がいるようです。

趣味のない人

多趣味な人がいる一方で、趣味のない人も存在します。趣味のない人は、「仕事が趣味」とか、読書はするけど「読書を趣味と思っていない」場合などがあります。

自分が趣味だと認めていないだけで、趣味のようなものになっていることもあるかもしれません。

趣味のない人の特徴ですが、「物事に対する興味が薄い」ということがあげられます。多趣味な人が好奇心が旺盛で何にでも興味を持つのと対象的な人です。

そのせいか、無趣味な人は「つまらない」と思われてしまうことがあります。初対面で「趣味はなんですか?」と聞かれたときに「無趣味です」と答えたら、それ以上会話が広がらないでしょう。

興味がないのに無理に趣味を作る必要はありませんけど、趣味があった方が世界が広がるように思います。